冬期講習の「絵の具で遊ぼう」クラスを担当させて頂きました。

今回は「はじき絵」にチャレンジ!
白いクレヨンやろうそくで自由に絵を描き、その上に絵の具で自由に色を乗せ、浮き出てくる線を楽しみます。お話しながら色々な絵を描いてくれました。

綺麗に線が浮き出ましたね。

そして、干支の牛作り。色や模様を自由に付けた牛を製作し、はじき絵に貼りました。

そして仕上げに、お花や牛の餌など好きな絵を描き足しました。

やることが多く大忙しでしたが、2人とも最後まで一生懸命に作品作りに取り組んでくれました。

それぞれ個性的な素敵な作品が出来上がりましたね。

 

ハークに飾ってあるので是非じっくりご覧になってください。色々なストーリーがあるんですよ。

(肥後)

F71354D7-ED7A-4217-8E36-7E040DB7B4E3 (1)

今月21日(日)10:00~
当教室の体験・説明会を開催いたしす。
右脳教育(0歳~小学生)・小学校受験の説明をさせて戴き
実際に体験授業を受けていただきます。

どうぞ気軽に参加してください。
ご予約をお待ちしております。ホームページ内資料請求より申し込みください。


子どもは天才です。
色んなことを 丸ごと吸収していきます。

数の取組みに、年齢は関係ありません。
数を教えようと思い立てば、0歳であっても小学生であっても ①から順にスタートしてください。

大事なことは・・・
新しいことを始めるとき まず親が「言う」「して見せる」を心がけてください。
最低1週間は、子どもに 言わせない・させない という気持ちで 取り組んでください。

子どもは「テスト」されるのが嫌いです。
見て・聞いて 学んでいきます。
見て・聞いて・学んで・安心して そして自分でしてみようと思うのです。
その意欲が出てくるまで、親がお手本を見せてください。


①数唱を言います
イメージ 1

ポイントは、120まで言うことです。
0歳の赤ちゃんにも 120まで言います。



②まとまりの数を見せる
イメージ 2

一目で「9」や「12」と分かるカードを見せてください。



③実数を教えます
イメージ 3

実数を教える教材は色々ありますが、基本は百玉そろばんです。
10とび、5とび、2とび等を 百玉そろばんで置きます。
 ・10とび→10、20、30、40、50、、、
 ・5とび →5、10、15、20、25、、、
 ・2とび →2、4、6、8、10、、、



④数の保存性を教えます
イメージ 4

5個の積木を使い、積む形を違えて
「これも5」「これも5」「これも5」と言いながら5個で出来る積木を見せていきます。
写真の後ろにお手本がありますが、まずは 5の保存性をしっかり教えてからです。
5の保存性を教える期間が長ければ長いほど、積木問題が楽々になります。



⑤数に関するカードフラッシュ
イメージ 5

もしも子育てに ゆとりがある方は、数に関するカードフラッシュをしてください。
数に関するカードには
 ・ドッツ
 ・時計
 ・お金
 ・分数
 ・10の合成
 ・足し算    など等があります。

数に関するカードの種類は以外に少なく、子どもはすぐに飽きてしまいますが
楽しい工夫をしながら、マスターするまで見せます。



この5つの基本がしっかり出来ていれば、応用が効いてきます。
楽しく取り組んでくださいね♪

↑このページのトップヘ