sage body

子どもが報告してくる
 
「聞いて聞いてあのね、きょうね」は
 
聞いてもらって初めて
記憶として脳に残るのだそうです。

 
聞いてもらえないと
脳は無かった事と認識する。

 
現実が消えるのです。
 
聞いてあげることは、
すごく大事なこと。

 
できれば、
目を合わせて聞いてあげてください。
 
そして、それはきっと、大人も同じ。
 
沢山の思い出が残るように
 
話をいっぱい聞いてあげてください。

ハーク 杉浦

d5016e1b

牛乳パックに5ケの穴をあけて、それぞれに蓋をつけました。

その5ケの蓋に「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」と言いながら、対応するひらがなを貼ります。

「は」にハムスターをポトンしてね。と言いますと
「は」の蓋をあけて、ハムスターを穴にいれます。

文字読みは元より、
1番重要な点は、両手が「蓋空け」と「穴に入れる」という、2つの違う作業をする練習です。

できない場合は、親が蓋をあけて、子どもが入れます。

発達してきますと、同時に違う作業を両手ができるようになります。

これも赤ちゃんからできます。
子どもは穴に物を落とすのが大好きですから、自然に巧緻性の発達になります。


a28142ac
紙をはさんで、奥まで押して、パンチを押す。
はさんで、トン、ギュッ
はさんで、トン、ギュッ
と動作に順番をつけて、声をかけながらすると上手にできます。

↑このページのトップヘ